横暴な恋人

「片山さん」

放課後、帰る算段で廊下を歩いていると、美術部の後輩で、俺の秘密の恋人三輪晃己に呼び止められた。
年下だというのに、俺よりも身長が高く俺よりも筋力がある三輪。極めつけに顔がいい。
当然女にモテる。なのに、俺がいいんだと押されまくり、その上押さえ込まれて無理矢理やられて、その後すったもんだして現在恋人としてしぶしぶ認めるにいたっている。

その三輪が、顧問の北川が呼んでいるとか言うので、3年になって部に出なくなった俺と一緒にこの美術準備室へ来たのだ。

美術準備室は、北川が集めたデッサンモデルとは名ばかりのガラクタと、各年代の卒業生が残して言ったキャンバスが絶妙なバランスで積んであり、今にも崩れそうだ。
そんな美術室準備室にいるはずだった北川はそこに見当たらない。
隠れようにも隠れる場所はないし、美術準備室からドア一枚で繋がっている美術室も見てみたがそこも誰もいなかった。

「なんだよ、人呼び出しておいていねぇーじゃん」

「そーですね」

この時三輪は、おかしいなという顔をしながら後ろ手で準備室の鍵をかけていたんだろう。
それに気がつかなかった俺。

「三輪、北川なんか言ってたか?」

「いぇ、特になにも……と、いうか」

「あ?」

「今日北川先生お休みです」

「あぁ??」

「だから美術部もお休みです」

「何?じゃなんで……」

疑問符で一杯の俺は振り返って三輪を見ると、にやり笑った三輪の顔。
その笑顔は、俺に対してなにかたくらんでいる時の表情だ。

「おま!何考えてんだ?」

ゆっくりと三輪が近づいてくる。
俺はいいしれぬ恐怖に一歩足を後退させた。が、物で一杯の準備室それ以上下がる事ができない。

「片山さん、部にでてこなくなってからかまってくれなくて、俺寂しくって」

「かまってくれないって、毎日昼飯一緒に食ってるだろーがっ!」

女子高生じゃねーつーのに、昼飯を毎日一緒に食ってやってる、俺がだっ!!それがどんなに恥ずかしいかわかってんのか?こいつはっ。
なのに、俺の譲歩を軽んじているとしか思えない発言を三輪はした。

「そんな事は当たり前でしょう?」

「はぁ?」

そもそも、昼飯を一緒に食うようになったのは、こいつに嵌められたからだ。
なのに、こういう言い方をする。
さすがに、ムカつく。

だから、思い切り睨みつけてやった。

すると、三輪は、そんな俺を抱きすくめ、突然口に食らいついてきた。

「んーーーーーーっ」

突然の事で半開きだった俺の口内に三輪の舌が入り込み俺の舌を絡め取る。
久しぶりのその感触に俺は下腹部の辺りがずぅーーんと重くなったのを感じてあせった。

こんな些細なちゅーごときで、なんちゅーことだ、感じてしまってる。

「…はっ……っ…やめ……」

俺は感じてしまった恥ずかしさと、それをこんな場所でもたらした三輪への怒りをこめやつのみぞおちめがけてパンチをくりだした。

だが、細身の三輪の身体には筋肉の防御がなされていて、三輪に抱きすくめられている俺が繰り出したパンチなど効かなかった。

「だめですよ?そんなの利きませんし、、それに貴方が悪いんですよ?」

「なんで俺が?」

「もう、何ヶ月してないと思ってるんです?」

「な…………!」

恥ずかしげもなくそんな事を口にする男………三輪。恐るべし。

「そんな恥ずかしい事口にだすなっ」

「誰もきいてないのに、恥ずかしがってどうするんですか?それより、事は重大です」

三輪は、そう言いながら、俺に迫ってくる。

もう、寄って来るなよーーーーっ。

俺の後ろは、なんだか分からないキャンバスが並べられていて、迫る三輪を避けようと後ろに下がった俺はそれらに引っかかりバランスを崩しその場に倒れこんでしまった。

絵をダメにする!!

そう思った時、がしっと三輪に抱きかかえられ、キャンバスとは反対方向で、唯一平面がある美術室へと通じるドアの前に降ろされた。

「っぶねぇ〜〜〜」

「大丈夫ですか?」

「お前が悪いんだろーがっ」

「そうですか?」

男なのに、男に抱きかかえられて助けられた俺、そんな自分が情けなくなってくる。
悪態の一つもつきたくなるってもんだ。

そんな風に思ってふてくされてそっぽを向いていると三輪の手が肩に振れ俺をドアに押し付ける。

「片山さん、俺にだって我慢の限界があるんですよ?」

さっきまでと違った怒ったような三輪の声に、俺は少しビビる。
こいつがキレるとどうなるか、俺は知っているんだから。

あぁ…思い出したくもない初めてのあの日。今のような声質のばか丁寧な言葉から始まった行為に傷つけられた。

「み、三輪?怒ってるのか?」

「そんなびびらないで下さいよ、怒りませんよ、今日は楽しい事をしましょう」

「!!!!」

またしてもなんの前ぶれもなく口を奪われてしまう。
今度も最初から激しく俺の口内を弄ぶ。舌が割り入れられ、それを押しのけようとした俺の舌を絡めとり、そのまま吸い上げる。口を閉じる事も出来ず、三輪から流れてきた唾液を俺は飲み込む事しか出来ない。
そんな激しい口づけは、収まっていた下半身の疼きを呼び戻していく。

「ふっ……んっ…」

次第に俺の身体から力が抜けて、ずるずるとその場に崩れドアを背もたれに、しゃがみこむ。
それでもなお、三輪の口は俺から離れず、とうとう俺は奴の背中に手を回して、口づけに答えてしまった。

それを見とめると三輪は口から耳へと移動して、熱い息を吐きながらつぶやいた。

「片山さん、今日はここで最後までしましょうね」

な、な、なんですと!?
最後までって、、最後ですよねっ!

学校だろーーーーーーーがっーーーーーーーーー

と思ってみても、今の俺に抵抗できるハズもなかった。

三輪は、服の下から手を入れ、俺の胸の突起を探し当てる。
開発されてしまったソコは、次に来る感触を待ち望んですでに勃ち上がっていた。

忍び込んだ手がリズミカルに指先を動かし、その先端を転がしたり、つまんだり、擦ったりして俺を追い詰めていく。
その指先の動きに、俺の身体はビクっと震え、まだ触られもしていない場所が熱く立ち上がるのを感じて眉を潜めた。

「み、わ………そこ、やめ……ろ………」

「片山さん、、敏感になりましたね、、ここだけでもう苦しそうですよ?片山さんのあそこ」

「言うなっ……ばか、やろ」

「片山さん、ちょっと立ってくれます?」

そう言うと快楽で腰に力の入らない俺を無理矢理立たせ、三輪自身は俺の前に膝まづく。
半勃ちの下腹部がちょうど三輪の目前にあるという、俺にとって恥ずかしい事この上ない格好になった。

こんな体勢で次に行われる事は予想がつくと言うものだ。
しかし、いつもなら、焦らされて我慢できなくなって、もうなんでもいい状態になるまでソコを放置する三輪。
こんな早くからしてくれるなんてなんかおかしい。

…………………………してくれるって!

俺はだんじて、して欲しいとか思ってるわけじゃないっ。しなきゃしないで自分でするしっ。
いや、それは許されないだろうけども。

そ、そうじゃなくてっ、しなくていいんだ、俺はっ。

そんな誰にだかわからない言い訳を考えながら一人パニック状態の俺を後目に、三輪は俺の下半身を脱がして行く。
カチャと音を立ててベルトが解かれ、その支えがなくなったズボンがストンと落ちた。

「片山さん、こっちの足ちょっと上げてください」

「三輪っ、ちょ」

「脱がないと足広がりませんよ?足広げないと、後ろ使えませよ」

「ひ、広がらなくていいっ!使わなくていいっ!!!!」

三輪の飾りのない直接的な言葉にその後を想像して、この状態で今さらなのだが、羞恥心から足を上げない。

「しょうがないですね」

そう言うと、下着の上から俺のモノを舐め始めた。

「ふっ……あ…み、みわっ」

一連のパニック状態で半勃ちだったモノは萎んでいたが、三輪の刺激で一気に質量が増す。しかも、一時半勃ちだったものはすでに先走りの液体がにじみ出てきていた。

「汚れてしまいましたね」

三輪はそう言いながら、下着をズボンの所までずらす。すると、ふるふると震え、先端からは透明の雫をたらしたそれが現れた。その光景を見てしまった俺は眩暈がしそうな羞恥心に囚われ、いたたまれなくなりきつく瞳を閉じた。

「片山さん、目を開けてちゃんと見て、ほら、こんな元気になって、ここをこうするともっと一杯雫が溢れてきますよ?」

言いながら三輪は俺のモノを手で擦り、それと同時に先端をもう片方の指先がグリグリと弄ぶ。

「う……あぁ」

俺の喚声に気を良くしたのか、三輪は雫がたれてぐちゃぐちゃになった俺のモノを銜え込むと思いっきり吸い上げた。

「はぁあぁぁ……っん」

吸い上げながら舌先で裏筋を撫で回す、その強烈な刺激に、自然と腰が揺れるのを止める事が出来ない。

それ以上されるとどうにかなにそうで、俺は三輪の髪を引っぱり顔を上げさせた。

「あっ……っは…もう、さわ、ん、な、…出る」

「このまま、いってください」

にやりと笑ってそれだけ言うと、じゅぶじゅぶと音を立てて口と手で扱き、舌は先端をくまなく嘗め回し俺をさらに追い詰めて行く。

「み、みわ………あっ、もう、出る………んふっ…あぁっ!」

身体全体がビクリと震え、三輪の口内へ俺は白濁の液を放出していた。

射精の余韻に呆然とする俺の、力の抜けた右足を浮かせそこからするりと、ズボンと下着を抜きさって、さらに、右足を肩に担いだ三輪。

な、な、何をする気だぁぁぁ〜〜〜〜〜〜っ。

三輪は、俺に見せ付けるように口から俺の吐き出したものを自分の手にどろりと出した。

「なにをする気だ……三輪」

その手をどうするかなんて、わかりきった事を口に出して聞いてしまう。
それほど、俺は期待しているという事なのか?

俺は、自分で言った言葉に自分で羞恥し、顔が赤くなるのを感じだ。

「そんな期待されると、やりがいありますね」

「期待なんかしてねーよっ」

軽く笑われ、俺は赤くなりながら、怒ってみる。が、そんな余裕があったのもここまでだった。

三輪は、白濁液でドロドロになった指を俺の秘所にゆっくりと入れた。

「あ………」

慣らされたとはいえ、久しぶりのその感触に俺は違和感を感じきゅっと力を入れる。
そうした事で、指の節目や爪の硬さ、抜き差しするリズム、そんなものがリアルに感じられ、頭の芯がぼーとして、自然、力が抜けてくる。

力の抜けた俺に、三輪は容赦なく、指を進めて来た。
俺の中を探求するかのように指を動かし、そして、俺のいい場所を探し当てしまう。

「はっ……あ…………あ、あっ、あっ!」

俺の喚声が変わると三輪はソコばかりを攻め立てて来る。
こうなると、もう、俺はどうしようもなく、三輪の繰り出すリズムに侵食されていくばかりだ。

「はっ…あ…み、三輪…ソコ、もう……やめっ」

「片山さんは、そればかっかりですね、こんなに悦んでるのにたまには、もっとしてくれ、とか言えませんか?」

「ば、か……んな、こと…んっ…あ……言える、かっ」

「素直になってくれるように、もっと、よくしてあげますね」

「………あ、はっ、あああっ」

指が二本になり、その二本が別の動きをしながら、俺の中を犯していく。

抜き差しをしながら、その場所を重点的に二本の指で攻められて、一度逝ったというのに、俺のモノはもうはちきれそうになっていた。

それを三輪は、また口で攻め立てるから、たまったもんじゃない。

前と後ろの刺激で、俺はもうその事しか考えられなくなって行く。

「み、わ……もう…だめだ……もう………はぁ…あっ…」

「もう、なんですか?」

わかっているのに、俺に言わそうとする三輪。
でも、逆らうことが今の俺には出来ない。

もっと、奥に、もっと、太くて熱いモノが欲しい…

とんだ淫乱になったもんだ。俺も。

頭の端の少ない理性がそう自嘲するが、大部分を占めた欲望が俺に早く言えと急かす。

「三輪が…………欲し、い」

その言葉を聞いて、三輪がにやり笑って指を抜いた。
俺は期待感と少しばかりの後悔で、三輪を見つめる。

三輪が俺の足を下ろし、立ち上がった………

がらっ!

「誰もいない美術室ってのもなんかいいな〜」

「んなこと言ってないで、さっさと探すの手伝えよっ」

そんな声と同時に、隣の美術室に人がっ。

大ピンチ!俺っ。
(三輪はどーでもいい、だって、俺、半裸じゃんかっ…しかも、なんか、ぐちゃぐちゃで!!)

三輪から開放された俺は、恐る恐るドアの小窓から美術室を覗く。
そんな俺の後ろから三輪も美術室を見ていた。

美術室に入ってきたのは、美術部の後輩(三輪と同級でもある)瀬田と中山だった。

瀬田と中山は何かを探しているらしく、放課後はいつもそうなっている端にどかされた机を探っていた。

『三輪、お前、誰も来ないって言ってただろーがっ』

『来ないハズだったんですがね』

憎らしいほど冷静な三輪。くそ、俺だけかよ、あせってるのはっ。

「あ、あった」

「あ、ありがとう、瀬田、んじゃ帰ろうぜ」

なんだか小さいものを中山に渡す瀬田。

「へへ…ちょっと待てよ、誰もいない美術室……くぅ〜〜〜いいじゃん、いいじゃん」

「は?」

「なぁ、中山…ちょっとこっち来いよ」

「……ばか言ってないで帰るぞ」

「来いってばっ」

払いのけようとする中山の手を逆にとり、瀬田は中山を自分の方へと引っ張り込んでいる。
バランスを崩し、瀬田に抱きしめられる形になる中山。

瀬田と中山…あいつらも、そうだったのか………

と俺が、好奇心むき出しでいると、三輪が背後から俺のモノを触りだした。

「あ……」

『そんな声出してると、あいつらに気づかれちゃいますよ?』

『…んだよ…触んじゃ、ねぇ…』

ふふと耳元で笑うと三輪は、突然指を後ろに入れて来る、しかも二本同時に。

『ば………ぁ…』

俺は必死で声を漏らさないように、口を手で塞ごうとした。
が、それが悪かった。

ぎしっ!

三輪と俺の重みでたてつけの悪いドアに圧力がかかっていたのに、俺が手を動かすためにさらにドアに圧力をかけたもんだから、この古いドアが軋み、音を立ててしまった。

「瀬田、ちょっと待て、音が」

「あぁ、準備室だな……おい、誰かいるのか?」

不審に思った瀬田が近づいてくる。

ま、マジでヤバイ。仮にも先輩である俺が、こんな状態なのを見せれるわけがない。
いや、先輩とかそういう問題でもないけど。

『三輪っ、放せ』

俺が、パニックになってそう言うのに、三輪は俺を放さず抱きかかえたまま、それでも、指だけは抜いてくれた。

早くズボン履かないと。

しかし、三輪は、俺にズボンを直す事をさせず前を扱き始め、自分のズボンのチャックを開けているようだ。

『…ふっ…み、みわ……やめろっ、って』

俺のせっぱつまった声に耳をかさず、そのまま、俺にゆっくりと入ってくる。

『…あっ…ふっ……んっ』

じゅぶ、じゅぶという、いやらしい水音が聞こえ、少しづつ深く進入してくる三輪。

やべぇ、気持ちいい。

俺はもう近づいてくる瀬田などどうでもよくなってきた。
しかし、顔を上げていられるほど理性を手放せてなく、小窓から顔を下げ、せめて喚声が漏れないようにぎゅっと口を閉じているのが精一杯だった。

もう、きっと、瀬田はドア一枚向こうに立っている筈。

そう思うと、恥ずかしさがこみ上げてくるが、それと同時に、なぜか、快楽も立ち上がってくる。

深くゆっくり抽出され、前も三輪の手で扱かれる、その様が見られているような気がして、ゾクリと快感が巡る俺。

声が漏れてしまいそうで、固く結んだ口内で、歯をぎゅっとかみ締めた。

「誰もいねぇ、ともかく、帰ろうぜ」

「……あ、そうだな、」

その声とともに、ドアが開けられ、瀬田と中山が出て行った。

見えてない?
いや、そんな筈はない。

「片山さん、もう、誰もいませんから、声、大丈夫ですよ?」

「三輪、何し……ば、かっ…や………動くな」

「片山さん、人がいた時の方が気持ち良さそうですね、ココもきゅっとしまってましたよ?」

「!!!なっ!」

「ほら、もう、片山さん、限界でしょ?いいですよ、イってください」

「あっ!…はぁああぁっ」

今までゆっくりと抽出していた三輪が急に激しく動き出す。
しかも、出しては入れるその先端が俺のツボに必ずあたり、俺は本気でもうもたない。

何も考える事が出来ず、繰り出される快楽に身を任せ、俺はみだらに腰を擦り付ける。

「あっ、あっ……三輪…もう……イク………あ、あぁ!!」

「いいですよ」

本日二回目をドアに向かって放出してしまった。

なのに、三輪はまだ大きいままで、俺はこのままどうなるんだろう、と真剣に思った。

「片山さん、このまま俺の家に寄りませんか?」

「…」

校門を出たところで、三輪がそう言ってきたので、本日何度目かの無視をしてやる。

あれから、結局三輪が逝くまで計二回逝かされ、気付いたらあたりは真っ暗、服はべとべと、腰は痛いし足はガクガク。
まともに帰れるようになるのに、30分はかかった。

無視ぐらい当たり前だっ。

「そんな格好で家帰れないでしょ?」

「誰のせいだ!誰のっ」

「俺、…だから、俺の家でシャワー使ってくださいよ。その間に服も洗って乾燥しますから」

のーのーと言う三輪に、あきれつつ、確かに、このままで家に帰ることは出来ないと結論づけ、三輪の所へ寄る事にした。

それからでも、受験準備に通っている絵画研究所の夜の部には間に合うと踏んだからなのに、、、
結局シャワー中にも襲われて、その日絵画研究所には間に合わなかった。

で、しかも、それから、何度か、こんな事があって、

来年のこの時期、覚えてやがれっ、絶対じゃましてやるからなっ!!!!!

とかなり怒って意気込んだのだった。

が、三輪が大学に行かないと肩透かしを食らうことになり、それが元で、あんな長い喧嘩をするはめになるとは思ってもいなかった。

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事